2021年度より、ランドマークプラザ店、新東京ビル店、大手町ビル店が100%再生可能エネルギー使用に。

三菱地所株式会社は、2021 年度より、丸ビルや新丸ビルなど丸の内エリア(大手町・丸の内・有楽町)の 18棟及び横浜ランドマークタワーの計 19 棟(延床面積計約 250 万㎡)において、全電力を再生可能エネルギー由来(以下、再エネ電力)とします。これによる CO2削減量は年間約 18 万トンを見込んでいます。尚、丸の内エリアにおける CO2削減量は年間約 16 万トンで、当社所有ビル CO2排出量の約 8 割に相当します。

今回導入する再エネ電力は、「生グリーン電力」及び「トラッキング付 FIT 非化石証書」を併用して「RE100※1」対応としており、且つビルで使用する電力量の全量であるため、対象ビルの入居企業は自社で再エネ電力を利用していると認められます。

対象ビル 計 19 棟(延床面積計約 250 万㎡)
丸の内ビル、新丸の内ビル、丸の内パークビル、三菱 UFJ 信託銀行本店ビル、丸の内永楽ビル、東京ビル、丸の内オアゾ A 街区、三菱ビル、丸の内二丁目ビル、丸の内仲通りビル、大手町ビル、大手町パークビル、大手門タワー・ENEOS ビル、大手町フィナンシャルシティ グランキューブ、丸の内二重橋ビル、新東京ビル、国際ビル、新国際ビル、横浜ランドマークタワー

切替方法
〇生グリーン電力
風力、太陽光、バイオマスなど再生可能エネルギーにより発電され、一般送電網を通じて需要家に託送される電力のこと。
〇トラッキング付 FIT 非化石証書
FIT 非化石証書とは固定価格買取制度(FIT)対象の再生可能エネルギー電源の電気に対する証書のことで、トラッキング付非化石証書は更に環境価値の由来となった再生可能エネルギー電源を
明らかにした(追跡・トラッキングした)もの。RE100 加盟企業の目標達成手法に活用できる。
CO2 削減量 年間約 18 万トン(想定)

<内訳>
丸の内エリア(18 棟):約 16 万トン ※丸の内エリアの当社所有ビル CO2排出量の約 8 割に相当
横浜ランドマークタワー:約 2 万トン
電力会社 ENEOS 株式会社、ダイヤモンドパワー株式会社、東京ガス株式会社、東京電力エナジーパートナー株式会社、日鉄エンジニアリング株式会社、(五十音順)

スマートでクイックなお買い物を、コスメティクスアンドメディカルができること

コスメティクスアンドメディカルのお店でお買い物を

新しい日常が続き、慣れない毎日でお疲れのオフィスワーカーの皆さまのオフィスでの毎日を「もっとワクワク、楽しいものに」
オンラインショップ・お取り置きの事前予約など
コスメティクスアンドメディカルのお店は、出社勤務日を「スマートな接客」と「クイックなサービス」でサポートいたします。