【健康コラム】熱中症にご用心!

おみせ

「オフィス街のドラッグストア」

ブログ担当、ヤマダちゃんです!!

今日もオフィス生活をもっとわくわく、楽しいものにするべく、頑張っております!!

さて、7月も中旬に入り、気温、湿度も急上昇。

30度を超える真夏日も増えてきました。暑い季節になりましたね。

真夏日になると、報道されるのが、熱中症への対策ですね。

そこで、

今日は知っているようで、知らない、

熱中症についてコラムを書いてみました。

ひどいと生死に関わる事も。しっかり意識、対策しましょう

まずは、

熱中症ってどのような症状なのでしょうか??

熱中症は死に至る恐れのある症状ですが、適切な予防法を知っていれば防ぐことができます。

人間は活動できる体温が決まっており、私たちの身体はその体温を維持できるように汗をかいたり、さまざまな調整をおこないます。

暑い時には、自律神経を介して末梢血管が拡張します。そのため皮膚に多くの血液が分布し、外気への「熱伝導」による体温低下を図ることができます。
また汗をたくさんかけば、「汗の蒸発」に伴って熱が奪われますから体温の低下に役立ちます。

しかり、私たちの体が適切に対処できなければ、体温が著しく上昇し、めまい、失神等の症状を起こし、最後には死に至ります。このような状態が熱中症です。

どのような場所でなりやすのでしょうか?

炎天下、高温、多湿、風が弱い、輻射源(熱を発生するもの)があるなどの環境では、

体から外気への熱放散が減少し、汗の蒸発も不十分となり、熱中症が発生しやすくなります。

熱中症にならないために


・日中の外出は控える
31度以上になると熱中症の症状の人が急激に増加します。

・こまめに水分補給
「のどが渇いた」と感じたときには、すでにかなりの水分不足になっていることが多いもの。定期的に少しずつ水分を補給しよう。電解質の含むスポーツドリンクなどもオススメ。

・服装に注意
首もとの広い、通気性の良い洋服を着て、外出時にはきちんと帽子をかぶろう。

・体調を整える
過労気味、睡眠不足や風邪ぎみなど、体調の悪いときは暑い日中の外出や運動は控えよう。

・年齢も考慮に入れて
子供、高齢者は熱中症になりやすいので、周囲が気をつけて。