【健康コラム】腸年齢を若く保つ腸内ケア!それはプロバイオティクスの力をかりること!

お待たせしました
では、ここで、いままでの各種トラブルを起こりにくくするために
どうすればいいのかの発表です!

それは、みんながお腹の中にもっている、「菌の力を活用する」でした。

昨日は腸内年齢についてご案内しましたが、腸内年齢を若く保つには

プロバイオティクス
の力が重要となってきます。

プロバイオティクス(Probiotics)とは人体に良い影響を与える微生物。または、それらを含む製品のこと。

逆に反対の言葉としてはアンティバイオティクス(抗生物質)が有名です。

体内の微生物の中で最も有名なのが乳酸菌。
乳酸菌やビフィズス菌、各種善玉菌を育てるのが

規則正しい、バランスのよい食事
各種乳酸菌や菌を育てるオリゴ糖、牛乳、乳製品などの補給。
なんです。

プロバイオティクスについてはまだまだ未解明の部分が大きく
以下の研究がされているそうです。
・大腸ガンへの影響
・アレルギーの低減への影響
・デトックス効果への影響
・ストレス低減効果への影響
・免疫力アップへの影響
・ダイエット効果への影響

人の健康に役立つ性質をもった生きた菌
研究がすすんで解明されて、さまざまな治療法ができるといいですね。

21世紀は予防医学の時代です
是非、私たちが腸で毎日お世話になっている、善玉菌を活性化しましょう
腸内環境はコントロールできるんです。
大事な事なのでもう一度書きますね。
規則正しい、バランスのよい食事
各種乳酸菌や菌を育てるオリゴ糖、牛乳、乳製品などの補給。

腸内ケアには菌が増えやすい環境を整え、各種栄養を積極的に摂ることが
大事だと言うことはおわかりいただけたかと思います。

また明日もお楽しみに

当店が自信を持ってお勧めする「生きたビフィズス菌は「ビフィーナ」だけ!」

スタッフ全員自信を持ってオススメします。森下仁丹のカプセル技術でビフィズス菌を胃酸に負けずに腸までお届けします。