敬老の日にコンドロイチンZS錠を!

おみせ
ヤマダちゃんです。

週末は敬老の日ですね。
絶対絶対喜ばれるのが
コンドロイチンZS錠!!

これ、他のコンドロイチンやグルコサミンと違います。
医薬品

そう、効能効果が確認され、厚生労働省が認可した医薬品なんです。

濃度や品質のレベルが食品とは全く違います。
医薬品は厳密に認可された方法でしっかり管理され
高品質で効果が出るように設計されたものなんです。

ですから、TVCMなどで盛んに販売されているものは
華々しいですが、実際、その分が商品に転嫁されているわけで

地味なこの商品(最近、TVCMも少しだけやっていますが)が
絶対に効能効果があるのになーとヤマダちゃんは残念に思っています。

とにかく、是非こちらをお試しください。

なお、こちらの商品の錠剤は
良質なコンドロイチンのため、水分をすごく吸収します。
コップ一杯(おおめ)のお水で必ずお飲み下さい。
水分が少ないと口等に貼りついてしまいます。

コンドロイチンZS錠
60錠(PTP) 2,520円  ・108錠 3,880円  ・180錠 5,880円  ・270錠 7,880円

グルコサミンとコンドロイチンとコンドロイチン硫酸の違い
ってご存知ですか???
 
Q/グルコサミンとコンドロイチンってどれも膝によさそうだけど・・・・
A/医薬品のコンドロイチンをお勧めします。

 

・グルコサミン=糖類でコンドロイチンの原料(中間物質)

・コンドロイチン=コンドロイチン硫酸になる前の物質(中間物質)

・コンドロイチン硫酸=医薬品の成分(保水力がある)

 

年をとるとグルコサミンからコンドロイチンに変換できなくなるので、

グルコサミンをたくさん摂取しても合成されません。

 

コンドロイチン硫酸そのものを摂取しなければ効果が出にくいことが証明されています。

 

グルコース→グルコサミン→コンドロイチン→コンドロイチン硫酸

 

サプリメントの「コンドロイチン」と医薬品「コンドロイチン硫酸」は別の物質です。

つまり、最後に体内で生成される、コンドロイチン硫酸を摂取するのが一番無駄がないのです。そして、一番吸収されやすく、効果のある医薬品のコンドロイチン硫酸をお勧めします。

コンドロイチンZS錠
(ゼリア新薬) 関節痛、神経痛、腰痛、五十肩、神経性難聴、音響外傷性難聴、疲労回復

60錠(PTP) 2,520円  ・108錠 3,880円  ・180錠 5,880円  ・270錠 7,880円
今日もオフィス街のドラッグストアをよろしくお願いします。

山田ちゃん
オフィス街のドラッグストアは丸の内、大手町、有楽町をはじめ
オフィスに生活する皆さまのお役にたてるよう、スタッフ一同一所懸命頑張ってまいります。
どうぞ、引き続き、オフィス街のドラッグストアをご利用頂きますよう宜しくお願い致します。

また、こちらのブログでは「オフィス街のドラッグストア」のいろいろな情報やお役にたつ商品などのご紹介をしてまいります。 今日もオフィス街のドラッグストアをよろしくお願いいたします
を頂ければと思います。宜しくお願い致します。

LINEの新サービス「LINE@」(ラインアット)の公式アカウントの登録は簡単です

友だち追加

一部のスマホからは上のアイコンクリックでアプリから追加できます

LINEアカウント名で検索の場合は「@cosmedinow(あっとコスメディナウ)」です。*検索する際に頭に@マークをつけるのをお忘れなく!