暑いですねーーー(^ ^:

おみせ
ヤマダちゃんです。
今日から本当に夏らしい暑さがはじまりました。

熱中症対策が叫ばれていますが、水分補給は大丈夫でしょうか?
特に、お子さま、お年寄りは体温調整能力が弱いので充分ご注意を!

室内いる時も水分補給と、エアコンをわすれずに!!

去年の記事の使いまわしですが、再度、熱中症についてご案内です!

真夏日になると、報道されるのが、熱中症への対策ですね。

そこで、

今日は知っているようで、知らない、

熱中症についてコラムを書いてみました。


ひどいと生死に関わる事も。しっかり意識、対策しましょう 



まずは、

熱中症ってどのような症状なのでしょうか??


熱中症は死に至る恐れのある症状ですが、適切な予防法を知っていれば防ぐことができます。


人間は活動できる体温が決まっており、私たちの身体はその体温を維持できるように汗をかいたり、さまざまな調整をおこないます。


暑い時には、自律神経を介して末梢血管が拡張します。そのため皮膚に多くの血液が分布し、外気への「熱伝導」による体温低下を図ることができます。
また汗をたくさんかけば、「汗の蒸発」に伴って熱が奪われますから体温の低下に役立ちます。


しかり、私たちの体が適切に対処できなければ、体温が著しく上昇し、めまい、失神等の症状を起こし、最後には死に至ります。このような状態が熱中症です。

どのような場所でなりやすのでしょうか?


炎天下、高温、多湿、風が弱い、輻射源(熱を発生するもの)があるなどの環境では、

体から外気への熱放散が減少し、汗の蒸発も不十分となり、熱中症が発生しやすくなります。


熱中症にならないために


・日中の外出は控える
31度以上になると熱中症の症状の人が急激に増加します。

・こまめに水分補給
「のどが渇いた」と感じたときには、すでにかなりの水分不足になっていることが多いもの。定期的に少しずつ水分を補給しよう。電解質の含むスポーツドリンクなどもオススメ。

・服装に注意
首もとの広い、通気性の良い洋服を着て、外出時にはきちんと帽子をかぶろう。

・体調を整える
過労気味、睡眠不足や風邪ぎみなど、体調の悪いときは暑い日中の外出や運動は控えよう。

・年齢も考慮に入れて
子供、高齢者は熱中症になりやすいので、周囲が気をつけて。
高齢者は汗をかくまでに時間がかかり、量も少ないので、体温が下がりにくく、熱中症になりやすい。

暑さを感じる感覚が衰え、知らないうちに体温が上がるので、熱中症を予防するためには、本人だけでなく周りの人が気を配ってあげましょう。



熱中症対策グッズはありますか??


まずは上記の通り予防が最大の対策です。

炎天下の作業や運動などをしない事。

日陰等で、水分補給を充分行った上に各自の体力などをよく考え

作業しましょう。


その上で、まずは水分補給、

そして体温上昇を防止するためのアイススプレーや濡らして使うスカーフなど

首もとなど血管の多い部位を冷やすグッズがございます。

あくまでも補助的にお使い下さい。


オフィス街のドラッグストアではクールビズコーナーとしまして、

節電を応援するグッズを多数ご用意しております。

どうぞご活用ください。


どうぞ、引き続き、オフィス街のドラッグストアをご利用頂きますよう宜しくお願い致します。

山田ちゃん
オフィス街のドラッグストアは丸の内、大手町、有楽町をはじめ
オフィスに生活する皆さまのお役にたてるよう、スタッフ一同一所懸命頑張ってまいります。
どうぞ、引き続き、オフィス街のドラッグストアをご利用頂きますよう宜しくお願い致します。

また、こちらのブログでは「オフィス街のドラッグストア」のいろいろな情報やお役にたつ商品などのご紹介をしてまいります。 どうぞ、お気軽にアメンバー、読者登録
を頂ければと思います。宜しくお願い致します。

LINEの新サービス「LINE@」(ラインアット)の公式アカウントの登録は簡単です

友だち追加

一部のスマホからは上のアイコンクリックでアプリから追加できます

LINEアカウント名で検索の場合は「@cosmedinow(あっとコスメディナウ)」です。*検索する際に頭に@マークをつけるのをお忘れなく!


お陰様でオフィス街のドラッグストアは80周年を迎えました。
ありがとうございます。