秋の空

akinosora
通勤途中に空を見上げると見事なうろこ雲が。
正式名称は巻積雲(けんせきうん)。白色で陰影のない非常に小さな雲片が多数の群れをなし、集まって魚のうろこや水面の波のような形状をした雲。絹積雲とも書く。また、うろこ雲、鰯(いわし)雲、さば雲などとも呼ばれるそうで、秋に多く見られるそうです。
秋が深まる、毎日です。