節電対策についてご案内いたします。

CMS

setudenn汐留店の節電への取り組みについて

汐留店のサイン、スポットライト、一部照明は全て消費電力が約90%も削減された、
最新のLEDライトを採用しております。
店舗のスポットライトの大規模なLED化は新有楽町店につづき2件目となります。
点灯店サインのLEDライトは当社ドラッグストア店舗でははじめてとなります。

また、特殊な反射板等を活用し蛍光灯も高効率のものを使用しております。

setudenn全店の節電への取り組みについて

*事務所、バックヤード、倉庫、物流など全社挙げて、積極的に節電に協力しております。
*皆様と同様、関連会社、スタッフ一同、計画停電に協力しております。
YLC(ヤマダ流通センター)大利根センターをはじめ、各問屋センター一同、商品物流を計画停電の時間をさけて処理されるなど物流を停止せず、品切れなく、多くのお客様に商品をお届けできるよう努力しております。
*路面店では一部外部看板照明を消灯しております。
*空調停止もしくは空調の温度設定を通常よりも低め(夏は高め)に致します。
*当社での大多数の店舗は土日祝を定休日とし営業をしておりません。
*スポットライトを随時LED電球に交換しております。

店内の明るさについて

商品をお選び頂くために、必要な照明もございます。
*特に化粧品などファンデーション、メイクなどは色味などが明るさによって変わってくるものもございます。
当社にてお取り扱いしております商品の容器やパッケージなど、東北地方、関東地方など今回の被災地域の関係する会社さまのものが数多くございます。過度な反応による経済活動の停滞は震災の復旧などを遅らせます。

お客様とともに引き続き、震災や停電を乗り越える為、スタッフ一同で一生懸命、お客様に笑顔の接客をしてまいります。また、「お客様の笑顔の創造」を目指してまいります。もちろん、前述の通り、全社挙げて節電に協力してまいります。
どうぞ、弊社事業にご理解賜りますよう宜しくお願い致します。

プレミアムクラブポイントを使った、義援金についてはこちらをご覧ください。

山田薬品株式会社
代表取締役社長
山田 裕二郎