商品情報 - 紫雲膏 - 紫根(シコン)配合のきず薬

紫雲膏
紫根(シコン)配合の、きず薬といえば、紫雲膏(シウンコウ)です。
○「紫雲膏」は、江戸末期の名医華岡青洲が処方した漢方の軟膏として「外科正宗」に収載されています。
○火傷(やけど)、外傷、ひび、あかぎれなどに効果を発揮します。特に、肉芽形成を促進しますので、患部の治癒を早め、皮膚をなめらかにします。別名で「潤肌膏」ともいわれます。また低刺激性の軟膏として広く用いられています。
効能・効果 火傷(やけど)、外傷、ひび、あかぎれ、しもやけ、魚の目、あせも、ただれ、かぶれ、痔核による疼痛、肛門裂傷
内容成分・成分量 本品100g(本品1gは原生薬約1.37gに相当)中、次の成分を含んでいます。
シコン・・・10.74g
トウキ・・・7.16g
ゴマ油・・・89.53g
ミツロウ・・・26.86g
トン脂・・・2.69g
用法・用量/使用方法 患部を清潔にしたのち、1日数回適量を直接患部に塗布するか、ガーゼ又は脱脂綿に塗布し、患部に貼布してください。

店舗によってはお取り扱いのない場合がございます。