3月下旬より ヒノキ肌粧品のAPシリーズのお取り扱いを店舗限定にて開始します。

2012年3月下旬よりヒノキ肌粧品のAPシリーズのお取り扱いを開始します。

お取り扱い予定店舗
・日本ビルドラッグ
・新有楽町ビルドラッグ
・丸の内マイプラザドラッグ
・日比谷国際ビルドラッグ
・霞が関コモンゲートドラッグ
・小伝馬町ドラッグ
・大手町ビルドラッグ
・かやば町ドラッグ

ヒノキ肌粧品とは

全品が医薬部外品。
ヒノキの製品は、「肌粧品」と名付けています。
それはヒノキ肌粧品が、肌自身が本来もつ美しくなろうとする働きを助け、
素肌そのものを美しさを願うからです。

ヒノキ肌粧品には次のような特徴があります。
○ すべてが、医薬部外品です。
○ あらゆる年齢や肌質の方に、お使いいただけます。
○ すべての製品にヒノキチオールを配合しています。

皮膚科学に基づいて開発されているヒノキ肌粧品。
健康な素肌美を守るCOSMEDICSです。

ヒノキチオールとは

ヒノキチオールは、1936年に野副鐵男博士により、タイワンヒノキの精油成分から発見されました。
当時、自然界には存在しないといわれてきた7角形の分子構造を持つこの化合物の発見は、化学史上に残る偉業として世界的に評価されました。
1955年には、ヒノキチオールの工業的な抽出が始まりますが、この時、抽出用ボイラーを製作したのが、ヒノキ新薬の創業者、阿部武夫でした。
これをきっかけとして、翌1956年にヒノキ新薬が設立され、ヒノキチオールを薬効成分として配合した公定書外医薬品のピールオフタイプ・パックが世界に先駆け発売されました。
以来、自然の恵みと科学の知恵で肌の力を育てる医薬部外品のスキンケアとして多くの女性から支持されています。