7/6-9/16 プーシキン美術館展 フランス絵画300年

■□■ 「プーシキン美術館展 フランス絵画300年」(横浜会場) の開催概要 ■□■

会期:2013年7月6日(土)~9月16日(月・祝)
会場:横浜美術館(横浜市西区みなとみらい)
   http://www.yaf.or.jp/yma/index.php
主催: 横浜美術館、朝日新聞社、テレビ朝日、プーシキン美術館、ロシア連邦文化省
一般お問い合わせ:03-5777-8600(ハローダイヤル 8:00~22:00 無休)
公式サイト:http://pushkin2013.com/

知る人ぞ知る、フランス絵画の宝庫ロシア。17世紀古典主義の
巨匠プッサンにはじまり、18世紀ロココの代表ブーシェ、19世紀の
アングル、ドラクロワ、ミレー、印象派やポスト印象派のモネ、
ルノワール、セザンヌ、ゴッホ、そして20世紀のピカソやマティスまで――。
プーシキン美術館のコレクションの中核をなすフランス絵画の質の
高さは、フランス本国もうらやむほどのものです。

本展では、選りすぐりの66点で、フランス絵画300年の栄光の歴史を
たどります。なかでも、ルノワールの印象派時代最高の肖像画と
評される≪ジャンヌ・サマリーの肖像≫は、最大の見どころです。

「ロシアが憧れたフランス」の粋を、どうぞお楽しみください。