副作用対策は、起こしやすい原因を事前に知ることです

副作用を起こしやすい人は注意!
・副作用を起こしやすい方は体質、体調をチェックして医師などに事前に確認、相談しましょう。
・特にアレルギー体質の方は、薬だけでなく添加物によってもアレルギーを起こす場合もあります。


副作用が疑われるときは

・自己判断せず、直ちに使用を中止して、医師に確認、相談しましょう。
・肝機能や腎機能への影響など、症状が表だって現れない副作用もあります。