歯は、歯周組織(歯肉、歯根膜、歯槽骨、セメント質)によって上下のあごの骨に固定されています。歯槽骨の中に埋没している歯の部分を歯根、歯頚を境に、口腔に露出する部分を歯冠(しかん)といいます。

歯冠の表面はエナメル質で覆われ、体で最も硬い部分とされています。エナメル質の下に象牙質と呼ばれる骨上の組織、神経や、血管がとおる神経の部分をカバーしています。虫歯が象牙質まで達すると、神経が刺激されて、歯がしみたり、痛みを感じるようになります。